英語留学というと、アメリカやイギリス、オーストラリアなどが思い浮かぶでしょうが、フィリピンでも英語留学が可能になっています。

 

しかも日本から近いので、費用も抑えられることから、私もフィリピン留学に決めました。学校はCNKというところに決めたのですが、その理由はフィリピンでもかなり大型の施設で勉強ができるからです。

 

コースは一般英会話のラビットコースというのを選択しましたが、このコースはマンツーマン授業が中心になっています。8時間ある授業の中で、7時間がマンツーマンの授業になっているのですが、そのうち1時間はネイティブ人講師による授業となっています。 Continue reading ‘フィリピン留学体験談 CNK’ »

現在、幼児期における交通事故が非常に多くなっていて毎年多くの子供が亡くなっています。最近は自動車を運転するドライバーのマナーにも大きな問題があるのですが、少なからず子供の方にも交通安全意識が欠如していることもあるでしょう。

これは道路の真ん中を歩いたり、急に飛び出したりするような行動を律していないケースになります。基本的に多くの親は信号を守ることや横断歩道を渡ることについては当たり前に教育しているのですが、その一方で如何に道路を歩くかと言うことについては意外に教育されていないことも多いのです。

しかし、このような交通安全教育に関しては親が子供と歩行中に徹底指導しなければならず、親が歩道を歩く際にどの世に歩いているかを子供に見せ付けなければなりません。最近は子供と一緒に車で移動することも多く、子供と日常的に歩くと言う習慣が以前よりも大幅に少なくなっています。交通安全のために身を持って教える機会を再度意識して作って行きましょう。

子供が生まれると親にとって非常に大きな関心事と言えば、いつ立って話すようになるかと言うことになるでしょう。そして、子供がハイハイするようになって立ってヨチヨチするようになれば親は非常に喜ぶものですが、問題はその後に子供が歩くことが好きになるかと言うことになります。

最近は子供でも運動不足が非常に多く、疲れやすい体質の者も珍しくなくなって来ました。この大きな原因として、親が意識的に子供を多く歩かせていないと言えるでしょう。子供を車に乗せて出かける機会も多い現在では、普段から子供を歩かせることをしない親も多くなっているのです。

また、学校などへの送り迎えなどもあることから、子供自身も自分で歩かなくても良いと言う意識が大きく芽生えて来てしまうでしょう。幼児期からこのような育児を進めていますと、自立心を持たない子どもに成長することもあります。

この部分は家庭の事情でやむを得ない部分があるかもしれませんが、教育上において思わぬ弊害を招く部分となるでしょう。

困惑することも多い幼児期の育児。それは子供を持つ家庭であれば、どこでも同じことです。しかし、現在の日本における母親主体の育児・教育の現状を考慮すると、やはりママ友を出来るだけ多く作ると言うことがとても意義が大きいと言えるでしょう。

核家族化が一気に進んで行く中でそれでも自分らしい子育てをしていくのであれば、自分の価値観に合ったママ友を探すことが何よりも必要となって行きます。ここで重要なのは出来るだけ多くのママ友を募ることに越したことはないのですが、あくまで自身の価値観の合うママ友と長く交流することです。

最近はママ友との交流をする上で色んな摩擦を生じるケースも存在しています。本来はお互いの子育ての良い部分を出し合って育児に役立てるべきなのに、それがいつしか子供の自慢などに変わってしまって本来の交流の趣旨を喪失することも珍しくありません。多くのママ友は問題ないようですが、若いママほどこのような悩みが多くなります。

かつて子供の教育は厳しく行うべきという考えが非常に強く、昔は一人っ子と言うのが珍しかったこともあって兄弟姉妹の場合、長男長女の育児というのは弟妹たちに影響を及ぼすために特に厳しくなされたものでした。これがいわゆるスパルタ式の教育です。

しかし、このスパルタ式の教育は現在ではあまり良くない方式として見做されることも多く、むしろ子供が新しいものを学ぶ上で大きな恐怖感を抱いてしまうとされています。また、子供の方も親に対して日常的に怖がるようになり、それがきかっけで教育の方向性も失って親との関係が悪くなって行くこともあるでしょう。

元々スパルタ教育の必要性は子供が複数いる場合、効率的に教育の方向性を統一して行くために必要とされたものです。よって、一人っ子が一般的となった現在ではこのような『前へ倣え』式の教育委はさほど意味を持たなくなっています。現在は、子供の良さを見極めてじっくり教えていくことが重要かもしれません。

日本でも少子化の問題が随分前から取り沙汰される中で、幼児教育の在り方が問われるようになって来ています。つまり、各家庭を運営するには子供の数が少なくても共働きしなければならない時代となっているからです。これにより、かつての幼児の育児は母親が行うと言う方式は成り立たなくなっていると言えるでしょう。

現在の幼児教育で非常に重要なことは、父親・母親共に参加することに大きな意義を持つようになっています。それは母親も職を持って働くことがありますが、同時に父親と子供の距離をより短くしてくれる大きなメリットがあるのです。

育児が一方の親によるものに偏ってしまいますと、子供の感情も一方の親に有利となりますので両親の存在感を高めるためにもとても意義のある育児方式になるでしょう。これは子供が一人っ子で有ろうと無かろうと同じことが言える分けですが、両親が子育てに参加することは日本では非常に少なかったケースになるのでこれからの主流になることが期待されています。

賢い子供を育てるためには幼児教育が重要であると言われています。幼児教育を行うために子供が小さいうちから幼児教室に通わせている親御さんも増えていますよね。しかし幼児教育を行う場は、幼児教室だけではありません。日本学校図書の家庭保育園のように家庭で行う幼児教育もあるのです。日本学校図書の家庭保育園は、幼児教育を行うための専門ツール。子供が母親の胎内にいる時から、胎教として始めることもできる幼児教育ツールなんですよね。幼児教室に入れるか、自宅で母親自ら子供に教えていくのか、どちらがよいのか悩む人は多いでしょう。幼児教室は入会する前に無料レッスンなどがありますが、日本学校図書の家庭保育園でも無料体験レッスンを実施しているんです。この無料体験レッスンがあることで、実際の教材はどんなものなのか?どういう風な教え方をすれば子供の興味を引くことができるのかなどをチェックすることができますよ。無料体験レッスンは完全予約制になるので、事前に予約しておくようにしましょう。

水耕栽培で育てられる植物は限られているのでは?と思っている人も多いようですが、水耕栽培に適しているア野菜や果物は意外と多いんですよね。水耕栽培は、サラダ菜や水菜、ミツバ、レタスなどの葉物類がメインですが、それだけでなくルッコラやバジル、オオバなどのハーブ類、リーフレタスなどの新しい種子も開発されてきています。またミニトマトはイチゴなども、水耕栽培で簡単に育てることができると言われています。自分で育てた野菜であれば、安心して食べることができますし、どの野菜よりもおいしく食べることができるでしょう。水耕栽培に使用する種子は、専用のものでなくても大丈夫です。ホームセンターなどで簡単に手に入れることができるものを購入してみましょう。また培地に関しては、ウレタン発泡樹脂などを使います。このウレタン樹脂には切り込みが入れられているので、水に浸した種子をそこに入れると数日程度で発芽していくでしょう。色々な野菜を育てることができるのでとても楽しいですよ。

水と液肥で簡単に野菜を育てられる水耕栽培は、ガーデニングに興味がない人でもやってみたいと思わせるような手軽さが人気です。水耕栽培で種を培地にまいた時、上に乗せるのではなく、培地を種に少しかぶせるとよいでしょう。また培地をきりふきなどで湿らせることで、種が発芽しやすいと言われています。培地に使用するバーミキュライトなどは保水性が高いと言われていますので、たっぷりと湿らせてあげるよいでしょう。種をまいた後は、養液層に液肥を入れていきます。種が発芽するまでは、水でもよいと言われています。液肥を入れる時に重要なのは、量です。多ければいいというものではなく、多すぎると根が窒息し、枯れてしまうこともあるのです。逆に少なすぎると、栄養が足りず成長できないで枯れてしまうでしょう。培地に触れるほど入れると、多すぎるので量を見ながら調節しましょう。ここまでの準備が出来れば後は、芽がでるのをじっと待つだけです。芽が出てきて、伸びてきたら、苗が倒れないように培地を足していくとよいでしょう。押し固めてしまうと、苗を傷めてしまいますので注意が必要です。

水耕栽培にはいくつかの方法があります。培養液に付けて野菜の根を伸ばす方法や培養液を根っこにスプレーする方法、点滴のように培養液を根っこに供給する方法があります。一般的には、培養液に植物を浮かせて育てる方式が多くとられています。しかし育てる野菜によって方式を変える方法も多いでしょう。培養液に植物を浮かせて育てる方式は、水菜や青梗菜などを育てるのに向いています。また培養液を流して根を伸ばす方法は、リーフレタスやサラダ菜に向いています。また培養液を点滴する方式はトマトなどが向いているでしょう。水耕栽培は土を触らなくてよいので、手を汚したくないという女性にもぴったりです。特にネイルなどをしていると、土いじりをすると、爪が汚れてしまうので嫌がる女性が多いです。しかし水耕栽培の場合には、土を全く触りませんので、爪が汚れる心配もありませんよ。また水耕栽培に必要なものは、水、空気、液体肥料、光になるので、手軽に始められるでしょう