弁護士に相談する際、まず弁護士の選び方に迷う方が多いと思います。ほとんどの法律事務所は、ホームページでも同じような作りになっていて、取扱い業務の分野も、幅広く掲げてあり「なんでもご相談ください」と言わんばかりですが、弁護士には経験と見識の深い専門分野がありますので、いかに相談内容を専門とする弁護士を見つけるかがポイントです。

ところが実際に事務所訪問をして弁護士と対面で話をしてみなければわからないものです。どんなに実績が少なくても、相談者からすれば「プロ」ですから、本当にこの人を信頼して良いのか不安を感じることもあるでしょう。

そんな中、埼玉の東部スカイツリーライン「せんげん台駅」の真正面、徒歩1分にあるせんげん台法律事務所はホームページで取扱い分野について、分野ごとの解決実績を正直に記載していて、受任実績がない項目は「実績が無い」と正直に記載してありますので信頼できると思います。駅から近いので、気軽に相談してあなたの問題に専門知識を活かせるかどうか判断してもらってから依頼を検討されてはいかがでしょうか?

近年、教育現場でもICT(情報通信技術)化が進んできており、パソコンだけではなくタブレット端末や電子黒板の普及が進んできている。
文部科学省が公表した「平成24年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」のデータによると、平成25年3月1日現在の電子黒板の整備状況は72,168台である。
平成20年3月1日時点の12,544台というデータと比較すると、この5年間で約6倍に増加していることがわかる。
現在の普及率は東京都は82.2%で、全国平均では74.7%だった。
調査対象は全国の公立小・中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校である。
いまや国際社会では情報処理能力が求められており、小中学生のうちからICT機器に触れ、操作方法はもちろんのことICT機器を使う上で必須な情報モラルについても学んでおく必要があるといえるだろう。
従って、電子黒板などのICT機器の導入は今後必須であると言え、更なる普及を目指し整備を進めてゆくべきであろう。

交通事故 弁護士は、交通事故に遭った時に、法律面でサポートしてくれる心強い存在ですが、どういう時に相談したらよいのか見ていきましょう。

交通事故で怪我をした場合、入院や通院治療費は保険会社から支払われます。しかし病院から「治療を続けてもこれ以上は改善しない」と判断される(症状固定と言います)と、通院を続けても治療費が下りなくなります。保険会社も、通院しても改善しないのに治療費を支払い続けるわけにはいかないので、「そろそろ症状固定しませんか?」と進めてくるでしょう。

症状固定は治療費の打ち切りを意味します。

保険会社は交通事故から3ヶ月目、6ヶ月目あたりを節目として症状固定の交渉をしてくることが多いので、遅くてもこのタイミングで交通事故専門の弁護士に相談されることをお勧めします。

なぜなら、後遺障害が残った場合は障害の程度に応じた認定を受けなければ保険会社から引き続き「後遺障害慰謝料」を受け取ることができないからです。認定には医師の診断書を添える必要がありますが、医師も万能ではないので、認定に必要な要素が欠落していて慰謝料が貰えないということになりかねません。

交通事故に精通した弁護士なら、最大限の補償が得られるように、書類の不備をチェックしたり、煩雑な手続きを代行してもらうことができます。

長年都会に住んでいていろいろあって今は南国の田舎住まいです。

愛犬2匹と毎朝海へ散歩へ出かけますが、6時も過ぎるといろんな歩きニストたちと出くわすので5時台に出発しています。

すると誰もいない海に下り立つわけですが、鳥の声と遠くを通る船の音だけが聞こえるんですね。

贅沢な瞬間です。

管理されているビーチではないのでゴミも多いのですが、よく見るとオカヤドカリもたくさんいて、潮が引いた砂浜にはたくさんのカニ穴もあります。

自然のありがたみを毎日のように感じられることに深く感謝する瞬間ですね。

田舎だから都会のような娯楽はありませんし、不便も多いですが都会にないものも田舎にはたくさんあるのでもっと体感したいなと思います。

ついにイラクはアメリカに空爆を依頼する事態となってしまいましたね。

イラク情勢はかなり緊迫化していて、市民が武装していると言うことが問題です。

一般市民が被害にあっているようですし、医薬品などもかなりの数不足しているようですね。

オバマ大統領は様子を見るような感じで慎重に対策を練っているようですが、アメリカが介入することとなれば、それはそれで複雑な問題に進展していきそうな予感はします。

アメリカはテロの標的にされた事例もありますし、世界全体がなんとなく不穏な空気が漂っていますよね。

武器のない世界ってもう二度と来ないのでしょうか。

人の命を真剣に考えられるのは人間だと思うのに、それが出来ない現状に悲しみがこみ上げますね。

新児童ポルノ法が成立しましたね。

写真のネットアップだけでなく、単純所持も禁止となりますから注意は必要でしょうね。

親が子供の写真をネットで売買する時代ですから、もう常識だの節操だのそう言う観点がなくなってしまっています。

自分の子供だから何してもいいでしょう的な考えの親も多いから、新規制は必要だと思ってました。

それを買うほかの大人もいるわけですから、趣味だからといわれても同調できませんね。

サイバーポリスももっと民間レベルで増やすべきだと思うし、無法地帯状態になってるネットの監視の強化と比例してその隙間で行われる悪事にどう対抗していくか深い課題になると思います。

日本だけでなく世界中で問題になってることですし、先駆けていろんな対策を講じることはいいことだと思います。

お金はないよりあった方が良いと思うのですが、あればあったでいろんなトラブルとか犯罪に巻き込まれたりとかで大変ですよね。

巷の事件なんかを見ていると海外でもそうですが身代金目的で誘拐されたり、お金を借りに行って断られたからかっとなったなどで殺人事件になってしまったりとよろしくない話ばかりです。

お金を持っている人ってなんとなく傍から見て分かるから厄介ですよね。

もしお金持ちになっても今と同じようにボロ着て過ごしたいと思います。

海外へ行くときもあまり良いファッションよりラフな普段着っぽいものの方が安全だったりしますよね。

この先お金持ちになる機会があれば、ドビンボー時代を思い出しつつ質素な暮らしを続けたいです。

前回も思ってましたが、サッカーワールドカップの勝敗を動物に予想させることが流行ってますよね。

当たるとかでやたらと話題に上がりますが、あの占いをさせる必要性ってあるのでしょうか。

今回のワールドカップでもゾウとかでやってますが、ストレスになるからと途中で辞めちゃったりしてますよね。

させる前からストレスになることくらいわかってそうなものですが、ニュースでその光景を見るたびになんだかなと思ってしまいます。

もし予想が外れたらそれこそいろんなこと言われたりするでしょうしね。

スポーツの世界はそのときの環境でも大きく勝敗が変わりますし、予想は良いけど、動物使うのはどうかなと思います。

今は日本一丸となって1次リーグ突破を期待しましょう。

ほぼ毎週のように行くショッピングセンターにお気に入りの和食屋さんが入っているのですが、若干お値段も高めなので特別な日にだけ行きます。

先日久しぶりにどうしてもここのカツが食べたくて家族で行きました。

久しぶりだったのでメニューも若干変わってたのですが、お値段が下がっていて特にランチメニューは種類も豊富になっていて驚きました。

これなら特別な日以外でも来れそうな予算なので、平日のランチに頻繁に来たいと思います。

ここのカツやてんぷらはいつもカリッと揚がってておいしいんですよね。

ざるそばもこしがあって最高なので月1回は来たいなと思いました。

高いからと勝手に思い込んで敬遠してましたけど、たまにはチェックするものですね。

子供のころ、父が趣味でプラモデルを作っていました。

特殊な水のりのようなボンドを使ったり、カラーリングも小さな小瓶に入ったペンキのようなものをたくさん持っていてすごく憧れました。

私も欲しかったのですが、本物のプラモデルは買ってもらえず、ダミー的な簡単に作れるものをよく買ってもらいました。

ガンダムとかも良いのですが、戦艦大和のようなすごくパーツの細かいプラモデルなんかも作ってみたいんですよね。

プラモデルが今熱いブームだという事なので、近所にプラモデル屋さんを探して行って見ようと思います。

一度はまると時間も忘れて没頭してしまうのですが、そう言う趣味も大事かななんて思ってます。

大人買い出来るようになったので、大作にもチャレンジしてみたいですね。